クロアチアの碧い海 〈私のとっておき〉シリーズ 14

クロアチアの碧い海 〈私のとっておき〉シリーズ 14

在庫なし

  • サムネイル1
  • サムネイル2

クロアチアの碧い海 〈私のとっておき〉シリーズ 14

【私のとっておき】 【旅行・紀行】

概要 Summary

「クロアチアで素敵なバカンスを!」

アドリア海に面した国クロアチアは、スローな時間が約束された究極のリゾート地。手つかずの自然と豊かな料理に恵まれたクロアチアの、小さな首都ザグレブに借りた屋根裏アパートから、私は美しい島々と紺碧の海をめぐる旅に出た。
おすすめのカフェやソーベ、雑貨、スポットを紹介しながら、鮮やかな写真と文章で贈るクロアチア案内。"アドリア海の真珠"ドブロヴニクや"真夏の夢の街"スプリットの他、サモボア、イストラなど北部の情報も掲載。
Enjoy Croatia! 

目次 Contents

●ドブロヴニク ――旅人の憧れ
●ザグレブ ――小さなきゃぴたる
●世界遺産プリトヴツェ湖群国立公園、クルカ国立公園  ――森と水の神秘
●スプリット、ドゥギラット、ヴォディツェ、フヴァル  ――アドリア海の夏と島と海
●北へ ――ザグレブからのShort Trip
●旅の途中で見つけたもの ――ちょっとした雑貨など
●あとがき

著者紹介 Author

大桑 千花(Chika Okuwa)
1970年生まれ。writer & photographer
雑誌、新聞などにフォトエッセイ、コラム寄稿。クロアチアの写真の美しさには定評がある。20代はニューヨークとヨーロッパに住み、30代は中東のエルサレムを生活の拠点にしながらクロアチア探求。著書に『ロスト・ラゲッジ-エルサレムのかたすみで-』(而立書房)がある。
フォトウェブ http://cdigi.smugmug.com/
クロアチアの旅ウェブ  http://52croatia.wordpress.com/

書籍データ Bookdata

  • 【書籍名】『クロアチアの碧い海 〈私のとっておき〉シリーズ 14』
  • 【著者】大桑 千花(Chika Okuwa)
  • 【判型】A5変型判
  • 【ページ数】146ページ
  • 【定価】本体1,300円+税
  • 【ISBN】978-4-86311-004-5
  • 【発売日】2007年9月26日

この本の読者さまからの声 Voice

2006年の春に夫とクロアチアを旅して、またいつか訪れたいと思っている時にこの本に出会い、懐かしくおもいました。(60歳・女性)

クロアチアは前から興味があったけど、クロアチアに関するエッセイ本などがあまりないので残念でしたが、この本は一目ぼれしてすぐ買ってしまいました。(24歳・女性)

旅行で訪れたドヴロヴニクの街の風情と碧い海の印象をよみがえらせるのに充分な内容でした。旧市街の雰囲気と路地が見せる生活の色も良かったです。(62歳・男性)

美しい写真に惹かれて、クロアチア、スロヴェニアはぜひ行きたい国です。読んでますます「あー早く行ってみたい」と思いました。(55歳・女性)

全ページフルカラーで洋書のようなデザインが素敵。こういう本はたいてい文章メインならモノクロ、写真がよければ文章は添え物的なのにこの本はどちらも良かった。(34歳・女性)

一度TVでクロアチアを紹介する番組を見てから、興味を持ちました。作者の方も関西の方で、旅の紹介のやり方に親しみを感じました。(46歳・女性)

風景や食べ物や人物などの写真の割合がバランス良く、レイアウトもすっきりしていて、読みやすい。(25歳・女性)

本当にステキです。特に海の写真は最高です。(21歳・女性)

30数年前、主人が仕事で旧ユーゴに1年余り滞在し2人で行ってみたくなり、昨年訪れました。それは夢の国のようでした。(63歳・女性)

【私のとっておき】の他の本

【旅行・紀行】の他の本

PAGE TOP