物語はいつも僕たちの隣に。

物語はいつも僕たちの隣に。

  • サムネイル1
  • サムネイル2

物語はいつも僕たちの隣に。

【小説・エッセイ】

概要 Summary

海辺の丘にある大学の文芸部。

今年一番の暑さになるらしい7月最終の土曜日に、大学3年生の宇喜夫(うきお)は自室で長編小説を書き終えた。今日、部室にくるはずのOGの花園先輩に見せようか否か......ひとしきり色々と悩んだ末、原稿ではなく一冊の文芸誌を手に、宇喜夫は部室を目指した。

同じ頃、文芸部室のPCの前で宗介(そうすけ)はかたまっていた。いよいよ書くべきときがきたのだ、小説を。入部して三年、いよいよ書くのだ。

そしてさらに同じ頃、花園先輩も部室を訪れようとしていた。差し入れと、ちょっとしたインフォメーションを持って。


「暮らしの小説大賞」受賞作家がつむぐ、不思議で切ない青春群像小説。

目次 Contents

1 七月 最終土曜日 朝  アパートの宇喜夫
2 ひなたの家の物語
3 七月 最終土曜日 午前  自宅の花園先輩
4 山姥異聞 花園先輩の担当教授へのメールと二つの添付ファイル
5 七月 最終土曜日 午前  文芸部室の宗介
6 最高のシャーペン 
7 七月 最終土曜日 午後  文芸部室の宇喜夫と宗介
8 ぼんやり日記
9 七月 最終土曜日 午後  文芸部室の三人
10 冬の書店で
11 七月 最終土曜日 午後  文芸部室の三人
12 七月 最終土曜日 夕方  喫茶店の三人

著者紹介 Author

丸山浮草(Ukikusa Maruyama)
1966年生。新潟県在住。新潟大学法学部卒業後、地元デザイン会社企画課長を経て、フリーランスのコピーライター。『ゴージャスなナポリタン』(第二回「暮らしの小説大賞」受賞/弊社刊)がある。

書籍データ Bookdata

  • 【書籍名】『物語はいつも僕たちの隣に。』
  • 【著者】丸山浮草(Ukikusa Maruyama)
  • 【判型】四六判(上製本)
  • 【ページ数】280ページ
  • 【定価】本体1,400円+税
  • 【ISBN】978-4-86311-142-4
  • 【発売日】2016年11月22日

この本の読者さまからの声 Voice

この本の購入はこちら Shop

PAGE TOP