みさと町立図書館分館

みさと町立図書館分館

new

  • サムネイル1
  • サムネイル2

みさと町立図書館分館

【小説・エッセイ】

概要 Summary

正直、ままならないことだらけの図書館業務。

でも、まあまあ楽しい毎日です。



みさと町立図書館分館に勤める遥は、33歳独身の実家暮らし。

本の貸借トラブル&クレーム対処をはじめ、

家庭内の愚痴聞きや遺失物捜索など色々ある図書館業務は、ままならないことが多い。



でも小さな町の図書館分館では、訪れる人たちの生活が感じられる。理解もできる。

だから、ここではちょっと優しくなれるのだ。


いなかの図書館を舞台に描かれる、

小さな町のハートフル・ストーリー。



[装画] loundraw

著者紹介 Author

髙森 美由紀(Miyuki Takamori)
1980年生。派遣社員。青森県出身、在住。著作に『ジャパン・ディグニティ』(第1回暮らしの小説大賞受賞/産業編集センター)、『おひさまジャム果風堂』、『お手がみください』(産業編集センター)がある。2017年ノベル大賞(集英社)受賞。

書籍データ Bookdata

  • 【書籍名】『みさと町立図書館分館』
  • 【著者】髙森 美由紀(Miyuki Takamori)
  • 【判型】四六判
  • 【ページ数】332ページ
  • 【定価】本体1,300円+税
  • 【ISBN】978-4-86311-165-3
  • 【発売日】2017年10月13日

この本の読者さまからの声 Voice

この本の購入はこちら Shop

PAGE TOP