みとりし

みとりし

new

  • サムネイル1
  • サムネイル2

みとりし

【小説・エッセイ】

概要 Summary

ペットの最期の言葉を、

私は飼い主に伝える。

子供の頃の交通事故をきっかけに、生き物の言葉がわかるようになった薫(25歳)。
派遣切りで職を失った彼女が再就職したのは、ペットシッター「ちいさなあしあと」。
主な仕事はペットの看取りだ。

悩みを抱えた少女に寄り添う犬、失恋した青年と暮らすうさぎ、家族の真実を見ていた猫......。
彼らの最期に立ち会い、見送り、その言葉を飼い主に伝える。

感動が止まらない!
逝くものと残されるものとの心ふるえる物語。


装画:げみ

著者紹介 Author

髙森 美由紀(Miyuki Takamori)
1980年生。派遣社員。青森県出身、在住。『ジャパン・ディグニティ』で第1回暮らしの小説大賞(産業編集センター)受賞。『花木荘のひとびと』でノベル大賞(集英社)受賞。他に『おひさまジャム果風堂』、『お手がみください』、『みさと町立図書館分館』(すべて産業編集センター)がある。

書籍データ Bookdata

  • 【書籍名】『みとりし』
  • 【著者】髙森 美由紀(Miyuki Takamori)
  • 【判型】四六判
  • 【ページ数】280ページ
  • 【定価】本体1,300円+税
  • 【ISBN】978-4-86311-182-0
  • 【発売日】2018年3月14日

この本の読者さまからの声 Voice

この本の購入はこちら Shop

PAGE TOP