塩の樹と森の人魚

発売前

塩の樹と森の人魚

塚本 はつ歌

【書籍名】塩の樹と森の人魚

【著者】塚本 はつ歌

【判型】四六判

【ページ数】328ページ

【定価】本体1,600円+税

【発売日】2021年11月15日

【ISBN】978-4-86311-317-6

概要

山あいの町で長年大切にされてきた巨樹が倒れた。
夏至を境に、水の記憶を持つ高校生の大洋と、膝に種を宿すクラスメイトの明里の日常が動き始める。

閉ざされた世界から自由へと漕ぎ出す17歳の2人の行方は……。
塩の樹の伝説をめぐる不思議な物語。

装画/あき

著者紹介

塚本 はつ歌

1983年生まれ。岐阜県瑞浪市出身。大阪芸術大学卒業後、職歴を重ねながら小説投稿を続ける。現在は神奈川県在住。子育てをしながら執筆を行う。好きなことは散歩と読書、料理の本を眺めながら寝ること(実際に作るかどうかはまた別の話)。

関連サイト https://twitter.com/20th_tsukamoto

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます