天神さまの花いちもんめ

天神さまの花いちもんめ

嗣人

【書籍名】天神さまの花いちもんめ

【著者】嗣人

【判型】四六判

【ページ数】294ページ

【定価】本体1,800円+税

【発売日】2024年6月13日

【ISBN】978-4-86311-407-4

概要

岡崎琢磨さん(『珈琲店タレーランの事件簿』)激賞!
「どこかとぼけた神々の、人々に向ける眼差しが温かい。ずっと、こんな物語を読みたかった。」

私は天神さまこと、菅原道真。皆さまご存じのとおり、太宰府天満宮に祀られている学問の神さまである。好きな食べ物は卵かけご飯。家電製品の扱いはちょっと苦手。築五十年のオンボロ四畳半アパートで暮らしている。
この国には八百万の神々がいるが、私も含め皆、人間社会に紛れて生きている。コンビニで立ち読みをしていたり、ラーメン屋の行列に並んでいたり、公園のベンチでぐったりと休んでいたり、参拝者の願いに耳を傾けていたり…。
本書は、そんな神さまたちの何気ない日常のお話。

装画:浮雲 宇一

目次

春の章一 東風梅香
春の章二 桜花慈酒
夏の章一 暑気宝来
夏の章二 珈琲天林
秋の章一 天地神明
秋の章二 秋思御衣
冬の章一 惟賀神年
冬の章二 六花慰撫
四季の章 匂い起こせよ、梅の花

著者紹介

嗣人

熊本県荒尾市出身、福岡県在住。温泉県にある大学の文学部史学科を卒業。在学中は民俗学研究室に所属。 2010年よりWeb上で夜行堂奇譚を執筆中。妻と娘2人と暮らすサラリーマン。著作に『夜行堂奇譚』シリーズ(産業編集センター)、『四ツ山鬼談』(竹書房)など。

関連サイト https://twitter.com/yakoudoukitann

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます