強く、優しく 古賀稔彦の言葉

強く、優しく 古賀稔彦の言葉

産業編集センター/編

【書籍名】強く、優しく 古賀稔彦の言葉

【著者】産業編集センター/編

【判型】四六判

【ページ数】200ページ

【定価】本体1,600円+税

【発売日】2022年4月21日

【ISBN】978-4-86311-327-5

概要

無類の強さで頂点を極め、指導者としても活躍した「平成の三四郎」古賀稔彦。不世出の柔道家が遺した、魂を揺さぶる珠玉の言葉たち。

豪快な背負い投げを武器に「平成の三四郎」の異名で国民的人気を誇った古賀稔彦。世界選手権3度優勝、バルセロナ五輪では金メダルを獲得。引退後は金メダリストを育てるなど、指導者として活躍。名選手にして名指導者、不世出の柔道家が遺した自分を磨き、人を育てる言葉。

【お詫びと訂正】

『強く、優しく 古賀稔彦の言葉』P.194に以下の誤りがありました。
深くお詫び申し上げますとともに、下記の通り訂正させていただきます。
P.194
(誤) 一、「はい」言う素直な心
(正)  一、「はい」と言う素直な心

著者紹介

産業編集センター/編

1967年福岡県生まれ。佐賀県出身。小学1年生から柔道を始め、中学進学と同時に上京し講道学舎に入門。世田谷学園高校、日本体育大学を経て、同大学院修了。89、91、95年世界柔道選手権優勝。オリンピックは3大会連続で出場。92年のバルセロナでは金メダル(71kg級)、96年のアトランタでは銀メダル(78kg級)を獲得。豪快な背負い投げを武器に「平成の三四郎」と呼ばれた。 2000年4月、現役引退。全日本柔道女子コーチに就任し、谷本歩実選手を金メダルに導く。03年に町道場「古賀塾」を開塾。07年IPU・環太平洋大学女子柔道部総監督に就任。チームを全国初優勝へと導く。12年弘前大学大学院を修了し、医学博士号取得。21年3月、逝去。生涯を通じて柔道の普及と選手の育成に尽力した。

広告・パブリシティ

22/05/06『佐賀新聞』書籍紹介

22/05/21『西日本新聞』書籍紹介

22/06/06『東京新聞』書籍紹介

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます