SF作家の地球旅行記

発売前

SF作家の地球旅行記

柞刈 湯葉(Yuba Isukari)

【書籍名】SF作家の地球旅行記

【著者】柞刈 湯葉(Yuba Isukari)

【判型】四六判

【ページ数】264ページ

【定価】本体1,600円+税

【発売日】2022年9月14日

【ISBN】978-4-86311-341-1

概要

人気SF作家・柞刈湯葉、初旅行エッセイ。 

首里城、筑波山、ウラジオストク、モンゴルの草原……
何のために旅に出て、何を思い、何を目指すのか。SF作家の目を通して楽しむ新感覚旅行記。

2019〜2021年note投稿作品を大幅に加筆・修正した海外編4柞&国内編8柞、さらに[架空旅行記]として書き下ろし短編小説2作(月面編/日本領南樺太編)を加えた。

──だいたい僕はどこへ行っても似たようなことをして、似たようなことを考えている。そこには環境によらない恒常的な自己同一性みたいなものがうっすらと見えてくる。(あとがき より) 

目次

チップがないならポテトを食べればいいじゃない (海外編・カナダ)
能登半島をレコンキスタする (国内編・石川)
飛ぶのは恥だが役に立つ (海外編・上海)
本当の東京砂漠はここにある (国内編・伊豆大島)
2時間半で行けるヨーロッパに行けない2年半に捧ぐ (海外編・ウラジオストク)
琵琶湖マトリョーシカ構造 (国内編・滋賀)
人間を荷物とみなせば人馬一体 (海外編・モンゴル)
琉球の長い午後 (国内編・沖縄)
青春18きっぷで人生のレールを踏み外す (国内編・鉄道旅行)
穏やかな夜に身を任せるな、老いても石油を燃やせ (国内編・静岡)
電車に乗ってチバニアンを見に行った(国内編・千葉1)
鋸山が実写版マインクラフトだった (国内編・千葉2)
日本国民は筑波山にどのような態度で向き合うべきか (国内編・茨城)

静かの海では静かにしてくれ (架空編・月面)
南側と呼ぶには北すぎる (架空編・日本領南樺太)

著者紹介

柞刈 湯葉(Yuba Isukari)

2016年、小説投稿サイト「カクヨム」に投稿した『横浜駅SF』が第1回カクヨムWeb小説コンテストSF部門大賞を受賞し、デビュー。著書に『重力アルケミック』『未来職安』『人間たちの話』『まず牛を球とします。』他。

関連サイト https://yubais.net

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます