エベレスト、登れます。

エベレスト、登れます。

近藤 謙司(Kenji Kondo)

【書籍名】エベレスト、登れます。

【著者】近藤 謙司(Kenji Kondo)

【判型】四六変形判

【ページ数】約300ページ

【定価】本体 1,300円+税

【発売日】2014年4月21日

【ISBN】978-4-86311-093-9

概要

「一般登山者でもエベレストに」を日本で初めて実現。

年齢、性別、言葉、技術、精神力、費用、食事......エベレストを特別な人だけの山にしないために、立ちはだかる壁を全力で取り払う。

60人近くの8000m峰登頂をサポートした国際山岳ガイド、その生き方。

【西田敏行さんの推薦コメント】
「『植村直己物語』のロケ以来20年以上のつきあいになるけど、普段はテキトー。
でも標高6000メートル超えると、コイツ、スゴいんです。

目次

1章 エベレスト、登れます。
ー日本人女性12番目の登頂に伴走して
2章 僕の仕事を紹介しよう
3章 山との出会い
4章 根っから登山ガイドだった?
5章 山岳部へ
6章 海外の山との出会い
7章 冒険登山のラストイヤー
8章 山が職場に
9章 ガイド業本格化
10章 高所登山ビジネスーアドベンチャーガイズの誕生
11章 目的は達成できたのか。そしてこれからのこと。
コラム 登山者が語る「近藤謙司」像

著者紹介

近藤 謙司(Kenji Kondo)

高校時代より国際山岳ガイドの故・根岸知氏に従事。登山家・医学博士である今井通子オフィスに5年間在籍。山岳ガイドの仕事をベースに、講演・出演・執筆・教育活動、自然や山岳スポーツを対象としたイベントの企画・運営・コーディネイトなどを手がける。1998年、冒険旅行と山岳ガイドの会社、㈱アドベンチャーガイズを設立。  共著に『バックカントリースキー&スノーボード』(山と渓谷社) 、監修書に『バックカントリーセルフレスキュー 雪崩事故とケガからの救助マニュアル』(スキージャーナル) 、著書に『雪山100のリスク』(山と渓谷社)がある。

関連サイト http://www.adventure-guides.co.jp/

広告・パブリシティ

14/8/29 『日刊ゲンダイ』「出版情報あらかると」に掲載
14/7/06 『毎日新聞』朝刊 全五段 広告
14/6/27 『読売新聞』朝刊 全五段 広告
14/6/09 『TRAMPIN’』Vol.18 書籍紹介
14/5/07 『In Red』6月号 書籍紹介

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます