「徹子の部屋」の花しごと

「徹子の部屋」の花しごと

「徹子の部屋」の花しごと

「徹子の部屋」の花しごと

「徹子の部屋」の花しごと

soon

  • サムネイル1
  • サムネイル2
  • サムネイル3
  • サムネイル4
  • サムネイル5

「徹子の部屋」の花しごと

【小説・エッセイ】

概要 Summary

1976年・「徹子の部屋」第1回放送時から一度も欠かさず
番組の花を生け続けてきた、ある消えもの係が語る
花とゲストにまつわる感動の回想録。


「徹子の部屋」のお花は、
ゲストの次に大切な第二のゲストです。
石橋さんの花は、いつも、ゲストのように、
時に、はなやかに、時につつましく、私を支えてくれています。
黒柳徹子



【消えもの】とは
テレビや映画で使用される、花や食べ物など、使用後は消えてなくなるもの。
石橋さんは「消えもの係」の開拓者としてテレビ朝日内に日本初の「消えもの部」を作った。

目次 Contents

第1章 『徹子の部屋』の花しごと
第2章 「消えもの」人生ここにあり
第3章  大好きな花しごとの原動力
終 章  花しごととの出会い 私の原点

著者紹介 Author

石橋恵三子(Emiko Ishibashi)
1940年生まれ。東京生まれの江戸っ子。消えもの一筋50年。日本のテレビ開局後の黎明期から、番組づくりを支えながら、テレビとともに生きる人生を歩む。『徹子の部屋』第1回からその日のゲストに合わせて花を選び、フラワーアレンジメントを担当。

書籍データ Bookdata

  • 【書籍名】『「徹子の部屋」の花しごと』
  • 【著者】石橋恵三子(Emiko Ishibashi)
  • 【判型】四六判
  • 【ページ数】160ページ
  • 【定価】本体:1,300円+税
  • 【ISBN】978-4-86311-191-2
  • 【発売日】2018年6月13日

この本の読者さまからの声 Voice

PAGE TOP