しねるくすり

しねるくすり

平沼 正樹(ひらぬま まさしげ)

【書籍名】しねるくすり

【著者】平沼 正樹(ひらぬま まさしげ)

【判型】四六判

【ページ数】314ページ

【定価】本体1,300円+税

【発売日】2019年10月16日

【ISBN】978-4-86311-240-7

概要

第6回「暮らしの小説大賞」受賞作は、薬学×青春×ミステリー!

「いつでも死ねると思ったら、生きていくのがラクになった」

舞台は薬科大学。何不自由なく青春を謳歌していたはずの男子学生の自殺から、不可解な死の連鎖が始まった。
同じ頃、SNSでは「たった一錠で、痛みも苦しみもなく死ねる薬がある」と噂になっていて…。

二転三転する事態に、あなたもきっとダマされる。
謎が謎を呼ぶ薬学青春ミステリー、堂々誕生!

ダイスケリチャード/装画

目次

第1章 テトロドトキシン
第2章 薬理学
第3章 水のないプール
第4章 AV女優の死
第5章 クリスマスの夜
第6章 恋は薬で治せる病
第7章 フラノクマリン
第8章 セリーヌの夢
終章  二本のペットボトル

著者紹介

平沼 正樹(ひらぬま まさしげ)

1974年生まれ。神奈川県小田原市出身。帝京大学文学部心理学科卒業後、アニメーション製作会社スタジオ4℃へ入社。2005年にウェルツアニメーションスタジオを設立し、日本初となる3Dアニメーション『アルトとふしぎな海の森』を監督。その後、オーディオドラマレーベルを発足し『キリノセカイ』(角川文庫より小説化)、『さくらノイズ』『盗聴探偵物語』『マネーロード』など数々の作品をプロデュース。現在は会社経営、番組プロデュース、そして小説の執筆に専念している。

関連サイト https://ameblo.jp/hirashige/

読者さまからの声

青春ミステリー小説とのことでしたが、おばあちゃまが読んでも凄く面白く、一気に読んでしまいました。終わり方が余韻の残る内容だったので、続編が出るのでは?と、大いに期待しています。早く続きが読みたいです。解決できない謎がたくさん有るので、、、(10代以下・女性)

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます