シュウマイの本

シュウマイの本

シュウマイ潤

【書籍名】シュウマイの本

【著者】シュウマイ潤

【判型】四六判

【ページ数】176ページ

【定価】本体1,600円+税

【発売日】2021年12月15日

【ISBN】978-4-86311-318-3

概要

シュウマイ時代到来!

町中華の名物シュウマイ、ご当地シュウマイ、固定観念を打ち破る次世代シュウマイ 、冷凍食品の定番シュウマイ……。1000種類のシュウマイを食してきた著者が、至高のシュウマイたちを大公開!皮、具、からしについてのコラムも充実。

目次

第一世代 ニッポンシュウマイの夜明け
第二世代 日本の新名物・シュウマイの誕生
第三世代 庶民の味から生まれたもう一つの日本流
第四世代 名豚(肉)まんあるところに、良シュウマイあり
第五世代 冷蔵冷凍&町の肉屋がおうちシュウマイを拡大
第六世代 食べて旅するご当地シュウマイ
第七世代 シュウマイ新時代の幕開け
終  章 シュウマイと旅

著者紹介

シュウマイ潤

シュウマイジャーナリスト、研究家、日本シュウマイ協会発起人。
本名は種藤潤。1977年神奈川県生まれ。大学卒業後、フリーランスとして取材執筆を行う。2015年頃からシュウマイ研究を開始し、インスタグラム「焼売生活」を中心に情報を発信。2021年9月現在までに、約1000種、約5000個のシュウマイを食べてきた。2018年5月と2021年10月に「マツコの知らない世界」(TBS)でシュウマイの知らない世界を紹介。以後、さまざまなメディアでシュウマイについて語る。2019年1月、「東京シュウマイ弁当」(オーガニックキッチン)を監修。2020年6月、シュウマイの活性化を、より多くの人や企業・団体とともに取り組むべく、「日本シュウマイ協会」のサイトをオープン。2020年7月、東京食材活性化を目指す「メイドイン東京の会」とコラボレーションした「東京焼売」を発売。毎月26(つつむ)日の「シュウマイを食べる会」開催、「シュウマイムーブメントプロジェクト」発起するなど、活動の幅を広げている。

関連サイト https://syumai.life/

広告・パブリシティ

21/11/16「ワールドビジネスサテライト」著者出演
21/12/13「タウンニュース茅ヶ崎」書籍紹介
21/12/14「アサデス。ラジオ」(KBCラジオ)著者出演
21/12/15「東洋経済オンライン」書籍紹介
21/12/16「タウンニュース横浜」書籍紹介
21/12/18「ダ・ヴィンチニュース」書籍紹介
21/12/24「ALL GOOD FRIDAY」(J-WAVE)著者出演
21/12/26「Sunday Good Vibes!!」(FMヨコハマ)著者出演
21/12/28「読書人WEB」書籍紹介
21/12/29「News Sapiens」(TOKYO FM)著者出演
21/12/29「朝日新聞」広告掲載
21/12/29「読売新聞」広告掲載
22/1/11「ジェーン・スー 生活は踊る!」(TBSラジオ)著者出演
22/1/11「news TOKYO FLAG」(TOKYO MX)著者出演
22/1/21「朝日新聞デジタル」書籍紹介
22/1/26 「日経MJ」書籍紹介
22/2/1「ひるおび」(TBS)書籍紹介
22/2/1「ももち浜ストア特報ライブ」(TNCテレビ西日本)著者出演
22/2/4「おはようパーソナリティ道上洋三です」(ABCラジオ)著者出演

読者さまからの声

焼売が大好きで本を手に取り、色々と楽しく読みました ご存知のこととは思いますが崎陽軒の話では落語家の故・桂歌丸師匠の奥さんの冨士子さんはシウマイ娘だったとの事、クレイジーケンバンドがシウマイ娘という曲を出しています で、こんな情勢なので今は冷凍やチルド、持ち帰りで食べる事が多く(※)、外食で焼売はたまに大きな駅に出た時、なんか食べたいなと思った時に、かにチャーハンの店で限定チャーハンと一緒にいただく位 その、かにチャーハンの店が21年9月にNEWoMAN新宿にオープンしたシュウマイ制作所が気になる店だけど、今は都内に行くのを自粛中 本からは焼売のジョーが大宮に出来ていた事を知り(灯台下暗し)、持ち帰りも有るようなので近々行きたいと思います ※身近ですぐに食べれ物だとローソン100の揚げ焼売 冷凍は日本ハムの中華の鉄人陳建一国産豚の四川焼売、味の素の大海老焼売、ファミリーマートの風味豊かな海老焼売、通販で買える大阪王将大粒肉焼売、ニッスイ業務焼売(グリンピースがのっています)が好きで良く買っています。 最近、見つけたちょと面白い焼売では商品は大阪王将の点心鍋セット(スープ、焼売、餃子、小籠包)を時々買ってます たれはその時々で色々、海老はオーロラソースで食べるのも美味しい 長々、駄文失礼しました 本当に焼売好きには嬉しい1冊でした 今度はお店のガイドブックが出来ると嬉しい(店だけでなく、駅弁、スーパーに有る総菜や弁当、ご当地チルドを紹介したもの)、餃子は色々有るけど、焼売は町中華の本で取り上げる位なので(40代・女性)

シュウマイの本楽しく拝見 もう少しお店の紹介が有ったら良かった で、正華、株式会社エース食品、カニチャーハンの店の焼売はオススメ出来ます(知っていたらごめんなさい)(50代・男性)

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます