学芸員しか知らない 美術館が楽しくなる話

学芸員しか知らない 美術館が楽しくなる話

ちいさな美術館の学芸員

【書籍名】学芸員しか知らない 美術館が楽しくなる話

【著者】ちいさな美術館の学芸員

【判型】四六判変型(124mm×188mm)

【ページ数】216ページ

【定価】本体1,600円+税

【発売日】2024年1月24日

【ISBN】978-4-86311-392-3

概要

知れば美術館が10倍面白い!

「展覧会はどうやって作っているの?」
「学芸員って何をしているの?」
「アートは役に立たない?」
「おすすめの鑑賞方法は?」

現役学芸員が語る、美術館の舞台裏と美術鑑賞の楽しみ方。

noteの人気連載、待望の書籍化!
著者おすすめの美術館も掲載。

著者紹介

ちいさな美術館の学芸員

東京都生まれ。都内のとある美術館で働く学芸員。ときおり大学非常勤講師。2022年からnoteにて美術館や学芸員に関する仕事コラムをスタート。すでに投稿した記事は200本以上。現在もコツコツと更新継続中。

関連サイト https://note.com/gakugeiin

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます