バイティング・ザ・サン

バイティング・ザ・サン

タニス リー

【書籍名】バイティング・ザ・サン

【著者】タニス リー

【判型】四六変型判、ソフトカバー

【ページ数】556ページ

【定価】本体1,280円+税

【発売日】2004年2月25日

【ISBN】978-4-916199-58-4

概要

太陽に噛みつくな、旅人よ。さもなくば、その口を焼き切らん。


ファンタジーの女王タニス・リー異色のSF大作。

 アンドロイドたちが奉仕する完璧なる理想都市、フォー。そこで暮らす人間たちには、制限のない快楽や、苦痛も病もない人生が約束されており、人々は好きな外見や性別を選び、永久的に生き続けることができた。少女は仲間たちに囲まれ、都市の恩恵に浸って暮らしているが、この何不自由ない世界に完全にはなじみきれずにいた。手さぐりをしながらその原因を探ろうとする少女。真実を求めてもがけばもがくほど、彼女は仲間や世間から疎外されていった。


 多感で臆病な少女が、孤独に打ちのめされながら選んだ、ただひとつの道とは?

 

そして最後に解き明かされる、真のユートピアの姿とは----?

 タニス・リーならではの独創性と、色彩豊かなファンタジー性をそなえた異色のSF大作。

著者紹介

タニス リー

タニス リー(Tanith Lee) 1947年、ロンドン生まれ。CatfordのPrendergast Grammer Schoolで中等教育を受け、9歳で創作を始める。卒業後は図書館の助手や店員、文書整理係、ウェイトレスなど様々な仕事に就き、25歳の一年間は美術大学で学んでいる。 1970年から1971年にかけて、子供向けの本を3冊出版。1975年にDAW Books USAが 『The Birthgrave』を出版。その後立て続けに26冊が出版され専業作家となった。長きにわたり世界中で愛読され続ける彼女の作品は、長編、短編、シリーズものなど、15カ国以上で翻訳されており、日本でも『血のごとく赤く 幻想童話集』、『ゴルゴン 幻獣夜話』、『白馬の王子』、『銀色の恋人』などが多くのファンを持つ。

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます