鏡の森

鏡の森

タニス リー 環 早苗/訳

【書籍名】鏡の森

【著者】タニス リー 環 早苗/訳

【判型】四六変型判、ソフトカバー

【ページ数】496ページ

【定価】本体1,280円+税

【発売日】2004年10月20日

【ISBN】978-4-916199-64-5

概要

タニス・リー、恐怖とエロスのファンタジー


雪のごとく白い肌、森のごとく黒い髪、血のごとく赤い唇--美しい森の城の王女アルパツィアは、十四歳になった冬、城を襲った征服王ドラコによって連れ去られ、陵辱される。

ドラコの王妃となった彼女は、「豊穣の女神デメトラの土地」と呼ばれるベルグラ・デミトゥで、敵に囲まれ心を閉ざしたまま、一人の赤ん坊を産み落とす。

コイラと名づけられ、乳母に育てられた赤ん坊は、七歳になったある日、城で時折見かける氷のように美しく冷たい女が、自分の母であることを知るのだが--。

さまざまな物語要素がまるで鏡のように乱反射し、紡ぎ出されるタニス・リーならではの、美しくダークなエロティック・ファンタジー。

愛を求めてさまよう二人の「白雪姫」の物語。

著者紹介

タニス リー 環 早苗/訳

タニス リー(Tnith Lee) 1947年イギリス生まれ。9歳から創作を始める。長編、短編、シリーズものなど15カ国以上で翻訳されている。他に『バイティング・ザ・サン』(弊社刊)など。

広告・パブリシティ

04/10/30『朝日新聞』 半五段 新刊案内広告
04/10/28『ぱど』10/29号 プレゼントコーナー

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます