東洋医学式  体内時刻を制すれば痛みが消える!不調がなくなる!

東洋医学式 体内時刻を制すれば痛みが消える!不調がなくなる!

鈴木康玄(Yasuharu Suzuki)

【書籍名】東洋医学式 体内時刻を制すれば痛みが消える!不調がなくなる!

【著者】 鈴木康玄(Yasuharu Suzuki)

【判型】A5

【ページ数】96ページ

【定価】本体:1,300円+税

【発売日】2020年6月29日

【ISBN】978-4-86311-267-4

概要

肩こり、歯痛、不眠、便秘、胃腸の不調…
気になる症状、痛みには「効く時刻」があった!

体調の良し悪しは、体を流れる気血のコンディションに左右されます。気血の流れには盛んな時間帯があり、その時間帯に効果的なケアをすることで、不調がみるみる改善!本書では、不調の種類ごとに、「効く時刻」と「顔つぼストレッチ」の方法を、イラストを使ってやさしく解説します。

目次

はじめに 時間と身体

東洋医学における「時間」
子午流注の考え方/時間と身体〜昼と夜の組み合わせ〜/
五臓と六腑〜臓腑の組み合わせの生理的な働き〜/食事の時間

顔をめぐる経絡
経絡6種/経絡と顔/顔つぼストレッチ 
3つの方法/手足のつぼ(補足)

症状と時間
歯ぎしり・くいしばり
イライラする  筋肉疲労  眼精疲労  生理不順
敏感肌  多汗  呼吸系の不調  神経& 感覚過敏(鈍化)
便秘・下痢 鼻・のどの腫れ痛み 下歯の痛み・うずき 皮膚の乾燥 多汗
顔のシワ(ほうれい線、目の下のクマ)  胃腸の不調  猫背  上歯・歯茎の痛み、
足首・ひざの動かしにくさ
むくみ  代謝低下  胃腸の不調  下痢  身体がだる重い
冷え性  体温調整がうまくいかない  代謝が上がらない  睡眠・覚醒バランスの崩れ
熱がこもる  大小便の不調  肩からひじ内側・小指ラインの痛みや違和感胃腸の不調
頻尿・夜尿  不眠
夕方熱っぽくなる  元気が出ない  生殖能力の低下  骨関節の痛み
胸の中心に圧迫感がある  落ち着かない
耳鳴り  耳が聞こえにくい  手の薬指からひじに向かう外側が張る  首がこる 
筋肉の緊張がおこる

症状別索引

著者紹介

鈴木康玄(Yasuharu Suzuki)

1973 年 東京都生まれ。青山学院大学卒業後、レコード 会社勤務、アパレル勤務などを経て鍼灸師の資格を取 る。小学校の頃より気管支喘息の治療をしてもらって いた日本伝統の鍼灸脈診の治療家・長谷川保氏に師事。 2004 年に渋谷に「康鍼治療院」を開院して 16 年。治療 をしながら、日々の生活の仕方、生き方や精神・感情 から身体や病気がどのようにつくられていくかを探求 し、 「康塾」という元気に生きる為の講座や、日常で使 える東洋医学セルフケアのワークショップを開催し、 全国各地・海外で活動する。著書に『不調にすぐ効く 顔つぼストレッチ』 (産業編集センター刊)がある。

関連サイト http://www.yasuhari.com/

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます