本をつくる 赤々舎の12年

発売前

本をつくる 赤々舎の12年

産業編集センター

【書籍名】本をつくる 赤々舎の12年

【著者】産業編集センター

【判型】A5判

【ページ数】280

【定価】本体:1,600円+税

【発売日】2019年2月14日

【ISBN】978-4-86311-211-7

概要

木村伊兵衛写真賞受賞者を続々輩出、刺激的な活動で注目を浴び続ける京都の出版社、赤々舎。
作家との出会い、編集作業、写真の可能性を広げるためのプロモーション。
代表・姫野希美へ取材をもとにまとめた、設立前夜からの軌跡と展望。

インタビュー:浅田政志、石川竜一、奥山由之、藤岡亜弥/寄稿:寄藤文平

私が反応するのは、何らかの基準や経験や美意識に照らし合わせたものではなく、
そうした物差しが意味をなさなくなる、自分の足場をさらっていくような存在。
「これをつくらなければ、生きていられない」と思ってしまう衝迫。(本文より)

・赤々舎(あかあかしゃ)とは
京都を拠点とするアートブックの出版社。
http://www.akaaka.com/

・姫野希美(ひめの・きみ)
赤々舎代表取締役・ディレクター。大分県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。青幻舎を経て、2006年に赤々舎を設立。

目次

序 章 赤々舎はどのように立ち上がったのか?
第1章 赤々舎が生み出す写真集、写真家との制作作業について
第2章 赤々社の本づくり、表現の原点
第3章 赤々舎はどこへ進もうとしているのか?
第4章 写真家が語る「姫野希美」という存在

著者紹介

産業編集センター

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます