西新宿 幻影物語

西新宿 幻影物語

小林 栗奈(Kurina Kobayashi)

【書籍名】西新宿 幻影物語

【著者】小林 栗奈(Kurina Kobayashi)

【判型】四六判

【ページ数】268ページ

【定価】本体1,500円+税

【発売日】2020年2月14日

【ISBN】978-4-86311-256-8

概要

"死後"の時間、請け負います。

契約者が生前に積み立てた時間の分だけ、
死後「幻影」としてこの世に留まれる不思議な契約--「幻影保険」。
新宿のはずれの法律事務所に籍を置く弁護士・坂井は、
幻影保険の執行人という裏の顔を持っていた。

果たしきれない想いの深さに
誰もが静かに涙する"終末"ファンタジー。

 

装画/吉田誠治

目次

一 銀の時計
二 契約者の訪れ
三 幻影と呼ばれる者たち
四 時を託すということ
五 冬の華
六 新しい朝

著者紹介

小林 栗奈(Kurina Kobayashi)

1971年生まれ。東京都多摩地方在住。中央大学文学部で図書館情報学を学ぶ。 表の顔は地味で真面目な会社員だが、本性は風来坊。欲しいものは体力。 2015年、第25回「ゆきのまち幻想文学賞」長編賞受賞。 2016年『利き蜜師』で第三回「暮らしの小説大賞」出版社特別賞を受賞し、『利き蜜師物語 銀蜂の目覚め』(産業編集センター)として刊行。 他に『利き蜜師物語2 図書室の魔女』『利き蜜師物語3 歌う琴』『利き蜜師物語4 雪原に咲く花』『骨董屋・眼球堂』(すべて産業編集センター)がある。

関連サイト https://twitter.com/kurina1412

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます