利き蜜師物語 銀蜂の目覚め

利き蜜師物語 銀蜂の目覚め

小林 栗奈(Kurina Kobayashi)

【書籍名】利き蜜師物語 銀蜂の目覚め

【著者】小林 栗奈(Kurina Kobayashi)

【シリーズ】利き蜜師物語

【判型】四六判(並製本)

【ページ数】256ページ

【定価】本体1,200円+税

【発売日】2016年9月15日

【ISBN】978-4-86311-137-0

概要

蜂蜜に封じ込まれた"時"を読む力を持つ、利(き)き蜜師(みつし)の物語。

 

一匹の銀蜂の出現により村に暗い影が忍び寄り始めた。
姿の見えない敵に立ち向かうべく、
若き利き蜜師・仙道(せんどう)は幼い弟子・まゆを連れて村を出ることに。

 

第三回「暮らしの小説大賞」出版社特別賞受賞作。

画/六七質

目次

序章 利き蜜師 
一章 楽園の雫  
二章 再会の時 
三章 過去への扉 
四章 金の守り蜂 
五章 丘の上の学園  
六章 金色の蜜の糸  
七章 時を渡るもの 
八章 そして、帰る場所  
終章 春の月の夜に  

著者紹介

小林 栗奈(Kurina Kobayashi)

1971年生まれ。東京都多摩地方在住。表の顔は地味で真面目な会社員だが、本性は風来坊。欲しいものは体力。2015年、第25回ゆきのまち幻想文学賞長編賞受賞。『利き蜜師』で第三回「暮らしの小説大賞」出版社特別賞を受賞。

広告・パブリシティ

16/12/21『朝日新聞』朝刊 広告 全五段
16/12/19『読売新聞』朝刊 広告 全五段
16/11/27『新潟日報』朝刊 広告 半五段
16/11/17『毎日新聞』朝刊 広告 半五段
16/11/09『本の雑誌』12月号 広告 表4
16/10/30『読売新聞』朝刊 広告 半五段
16/10/25『朝日新聞』朝刊 広告 半五段
16/10/06『ダ・ヴィンチ』11月号 ダ・ヴィンチレコメンドで書籍紹介
16/09/22『デーリー東北』広告 半五段
16/09/16『東奥日報』広告 半五段
16/09/16『奈良新聞』プレゼントコーナー

読者さまからの声

これは本当にファンタジーなの?と思わせられる、しっかりとしたリアリティ。人物の悩み方と、そこからじりじりと進んで行く歩みの強さに感動しました。本書の続きが読みたい!(62歳・女性)

「海のアリーズ」の小林栗奈さんだという前提ですが…あの頃の持ち味の絵本のような世界観はそのままにして、円熟した筆致が感じられ幸福な読書でした。特別賞を決定してくださった方々、ありがとうございます!(32歳・女性)

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます