利き蜜師物語4 雪原に咲く花

利き蜜師物語4 雪原に咲く花

小林 栗奈(Kurina Kobayashi)

【書籍名】利き蜜師物語4 雪原に咲く花

【著者】小林 栗奈(Kurina Kobayashi)

【判型】四六判

【ページ数】240ページ

【定価】本体1,200円+税

【発売日】2018年5月17日

【ISBN】978-4-86311-190-5

概要

『利き蜜師物語』ついに完結!

 

冬のカガミノで、奇病トコネムリが突然変異を起こした。
一気に罹患していく村人たち。
仙道は病のかげに銀蜂の王の存在を感じ取る。

すべての魔術師を己の支配下におき、世界を支配しようとする王。
まゆと仙道は命がけで最後の戦いに挑む。

やがて、仙道の体にはある変化が起き始め……。

 

反響続々の『利き蜜師物語』シリーズ、驚きと感動の最終話!

著者紹介

小林 栗奈(Kurina Kobayashi)

1971年生まれ。東京都多摩地方在住。 表の顔は地味で真面目な会社員だが、本性は風来坊。欲しいものは体力。 2015年、第25回「ゆきのまち幻想文学賞」長編賞受賞。 2016年『利き蜜師』で第三回「暮らしの小説大賞」出版社特別賞を受賞し、『利き蜜師物語 銀蜂の目覚め』(産業編集センター)として刊行。 他に『利き蜜師物語2 図書室の魔女』『利き蜜師物語3 歌う琴』(産業編集センター)がある。

読者さまからの声

前3作よりも一層ドラマチックで、主人公がどうなるのかとはらはらしながら読みました。

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます