自転車お宝ラーメン紀行<わたしの旅ブックス27>

発売前

自転車お宝ラーメン紀行<わたしの旅ブックス27>

石田ゆうすけ(いしだ・ゆうすけ)

【書籍名】自転車お宝ラーメン紀行<わたしの旅ブックス27>

【著者】石田ゆうすけ(いしだ・ゆうすけ)

【シリーズ】わたしの旅ブックス

【判型】B6変型判

【ページ数】288ページ

【定価】本体:1,100円+税

【発売日】2020年12月15日

【ISBN】978-4-86311-282-7

概要

自転車こぎこぎ、目指すはラーメン!

大ヒット旅行記『行かずに死ねるか!』著者・石田ゆうすけによる
ラーメンと街と人をめぐる紀行エッセイ登場!

ラーメンで感動したい。
スープの最後の一滴まで、しみじみ旨い—
そんな「お宝ラーメン」を探し求め、
自転車乗ってあっちにふらふら、こっちにふらふら。
読めばラーメンが食べたくなること必至。
笑えて泣けて、心があったまる自転車ラーメン冒険記。  

目次

はじめに
1章 終戦直後で止まった店と、ガード下の秘密基地――永代橋〜浅草橋
2章 噺家はだしの店主と、昭和遺産店――笹塚
3章 商店街に最後まで残った店――雑司が谷
4章 レトロな街で「七面鳥」を追いかけた――高円寺
5章 鬼子母神とバラと矢吹丈――三ノ輪
6章 壊したら、元には戻りません――豪徳寺
7章 味噌ラーメンが東京で歩いた道――人形町
8章 大きな商店街で生きてきた――長崎
9章 ラーメンは地球を救う?――新宿
あとがきにかえて、ラストトリップ――大崎

著者紹介

石田ゆうすけ(いしだ・ゆうすけ)

1969年和歌山県生まれ。旅行エッセイスト。大学卒業後、自転車で世界一周を達成し、その体験を綴った初の著書『行かずに死ねるか!』(実業之日本社)がベストセラーに。世界一周自転車ひとり旅シリーズの3部作は中国、台湾、韓国でも翻訳出版され、国内外で累計30万部を超える。現在は旅、自転車、食を中心に執筆活動を行なっている。著作はほかに『洗面器でヤギごはん』(幻冬舎文庫)『大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!』(小学館)など。

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます