歩みを止めるな!世界の果てまで952日リヤカー奮闘記〈わたしの旅ブックス32〉

発売前

歩みを止めるな!世界の果てまで952日リヤカー奮闘記〈わたしの旅ブックス32〉

吉田正仁・よしだまさひと

【書籍名】歩みを止めるな!世界の果てまで952日リヤカー奮闘記〈わたしの旅ブックス32〉

【著者】吉田正仁・よしだまさひと

【シリーズ】わたしの旅ブックスシリーズ

【判型】B6変型判

【ページ数】392

【定価】¥1,200

【発売日】2021年5月21日

【ISBN】978-4-86311-300-8

概要

バスや列⾞では素通りしてしまう⼩さな集落の暮らしに出会う旅。

リヤカーを引きながら全行程徒歩で世界一周した著者。

今回の旅は南北アメリカ横断編。

アルゼンチンからカナダまで。「危険都市ランキング」常連の南⽶都市をもろともせず、とにかく歩いて歩いて出会う旅。大自然の猛威と恩恵、そしてどこまでも温かい人々との出会いが胸を打つ、南北アメリカ大陸縦断紀行。

目次

プロローグ
第1章 パタゴニアから始まる最後の旅(南米前編)
第2章 アンデス山脈を越えて(南米後編)
第3章 長い休息―行くかやめるか(南米番外編)
第4章 火山と民族(中米編)
第5章 極寒の歩行は終着点へ(北米編)
エピローグ

著者紹介

吉田正仁・よしだまさひと

1981年鳥取県生まれ。2009年より四年半をかけて相棒のリヤカーとともに徒歩で地球一周分にあたる4万キロを踏破。ユーラシア大陸、北米大陸を横断、オーストラリア大陸、東南アジアを縦断した。その後、2014年からアフリカ大陸を縦断。リヤカー徒歩の旅で巡った国は60カ国にのぼる。著書に『リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅』(幻冬舎文庫)、『リヤカー引いてアフリカ縦断~時速5キロの歩き旅』(小学館クリエイティブ)。

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます