死を喰う犬<わたしの旅ブックス33>

死を喰う犬<わたしの旅ブックス33>

小林みちたか(Michitaka Kobayashi)

【書籍名】死を喰う犬<わたしの旅ブックス33>

【著者】小林みちたか(Michitaka Kobayashi)

【シリーズ】わたしの旅ブックス

【判型】B6変型判

【ページ数】280ページ

【定価】本体1,100円+税

【発売日】2021年6月15日

【ISBN】978-4-86311-301-5

概要

インド最北部 ヒマラヤの西のはずれにあるラダック。そこには 決して怒らない人々が暮らしている———。その言葉に誘われるようにラダックを旅した著者の 贖罪と再生を描いた私小説的旅紀行。ラダックの街の道端で見つけた凍りついた犬の屍体。徐々に明らかになっていく旅の理由。ラダックの荘厳な自然と現地の人々のおおらかさに包まれながら 過去から解放されていく著者の姿が描かれる。2020年度「わたしの旅ブックス新人賞」受賞作。

目次

プロローグ
Ⅰ 夏
Ⅱ 冬
エピローグ

著者紹介

小林みちたか(Michitaka Kobayashi)

ライター。1976年東京生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。2000年朝日新聞社入社、04年退社。広告制作会社などを経て、10年より国際NGO AAR Japanに所属し、国内外の緊急支援活動に携わる。11年退職。17年、東日本大震災のボランティア活動を綴った『震災ジャンキー』(草思社)で第1回草思社文芸社W出版賞・草思社金賞を受賞。20年、『死を喰う犬』(産業編集センター)で第1回わたしの旅ブックス新人賞を受賞。

読者さまからの声

読み始めたらあっという間でした。まだこういう旅も出来るんだなと。タイトルがやけに心に残ります。オススメ。(40代・男性)

情景描写が見事で、一緒に旅をしているかのように読めました。 作者が冒険家や、登山家でなく普通の旅人だったので、より身近に感じることができ、共感できたのかもしれません。 「自分にしか意味のないことにこそ意味がある」 とは素敵な考え方だな、と思いました。(40代・男性)

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます