テキトーだって旅に出られる! <わたしの旅ブックス1>

テキトーだって旅に出られる! <わたしの旅ブックス1>

蔵前 仁一(Jinichi Kuramae)

【書籍名】テキトーだって旅に出られる! <わたしの旅ブックス1>

【著者】蔵前 仁一(Jinichi Kuramae)

【シリーズ】わたしの旅ブックス

【判型】B6判変型(173×114)

【ページ数】240ページ

【定価】1,000円+税

【発売日】2018年4月25日

【ISBN】978-4-86311-187-5

概要

海外個人旅行の先駆者でバックパッカーの教祖と呼ばれる著者が、
特別な理由も準備も計画も必要なく、誰でも気軽に海外旅行を楽しめる心得を伝授。
持ち物から旅先での言葉、移動手段、物価、治安など、不安なく旅するための情報(方法)が満載。
本人書き下ろしのイラストとともに贈る、"蔵前節"炸裂の「誰でもできるバックパッカー入門」。
海外の最新事情も掲載し、海外旅行の知識がない人も、安心して旅に出たくなる一冊。

旅にある程度の失敗や苦労はつきものだが、旅で失敗したからって人生を失うわけではないし、多少苦労するからこそ達成感があるのだ。(中略)むしろ失敗して当たり前、多少の苦労もしょうがないと思えば、たいした準備をしなくても旅なんかできるのだ。(「はじめに」より)

目次

第1章 旅へ一歩踏み出す
第2章 旅に持っていくもの
第3章 どこへ行くか
第4章 旅の言葉
第5章 旅の移動手段
第6章 旅先での過ごし方
第7章 旅の安全
第8章 旅の成功と失敗

著者紹介

蔵前 仁一(Jinichi Kuramae)

1956年(昭和31)鹿児島県生まれ。旅行作家・グラフィックデザイナー。 慶應義塾大学卒業後、80年代初頭からアジア・アフリカを中心に世界各地を旅する。 個人旅行者のための雑誌、『旅行人』編集長を務め、多くの旅行作家を輩出、 バックパッカーの教祖と呼ばれた。 『新ゴーゴー・インド』や『新ゴーゴー・アジア』(ともに旅行人)をはじめ、 『旅で眠りたい』(新潮社)、『あの日、僕は旅に出た』(幻冬舎文庫)、 『よく晴れた日イランへ』(旅行人)など著書多数。

広告・パブリシティ

2018/04/25『読売新聞』半五段広告
2018/04/26『朝日新聞』半五段広告
2018/05/20『読売新聞』半五段広告
2018/05/26『朝日新聞』半五段広告
2018/06/10『産経新聞』書評
2018/06/19『東京中日スポーツ』情報クリップ欄

読者さまからの声

著者の感性に共感。私は先の五月に覚えた言葉の実践と本を買うために北京へ一人で旅行しました。(50代・男性)

蔵前さんの本は何冊か読んでいるのですが、長いスパンの方がゆる〜っとできるのはとても納得できる。(50代・男性)

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます