旅がグンと楽になる7つの極意 <わたしの旅ブックス2>

旅がグンと楽になる7つの極意 <わたしの旅ブックス2>

下川 裕治(Yuji Shimokawa)

【書籍名】旅がグンと楽になる7つの極意 <わたしの旅ブックス2>

【著者】下川 裕治(Yuji Shimokawa)

【シリーズ】わたしの旅ブックス

【判型】B6判変型(173×114)

【ページ数】224ページ

【定価】1,000円+税

【発売日】2018年4月25日

【ISBN】978-4-86311-188-2

概要

アジアを中心にバックパッカースタイルで旅をし、旅に関する数々の著作を世に送り出してきたベテラン旅行作家が、飛行機の選び方から現地でのコミュニケーション、移動手段、食事をする場所やトラブルが起きた時の対処法まで、海外旅行の極意を伝授。
シニア世代のための、誰でも実践できる"ラクして「海外ひとり旅」"を楽しむことができる旅行術を提案する一冊。
著者自身の撮影による写真と、お役立ちコラムも掲載。

旅は楽しいことばかりではないが、やはり目の前の風景が変わっていくことが心に届く。何回訪ねた街も、違った顔をのぞかせる。世界は旅人には関係なく動いているのだ。(中略)これまでの旅ー。そしていまの旅。少しでも、旅が楽になる要素に出合えれば、それを実践してみてはどうだろうと思っている。(「はじめに」より)

目次

第1章 LCCには乗らない
第2章 ホテルは予約しない
第3章 同じ店に何度も通う
第4章 英語を喋らない
第5章 ホテルの部屋で夕食を食べる
第6章 下痢を怖がらない
第7章 Wi-Fiに頼らなくてもいい

著者紹介

下川 裕治(Yuji Shimokawa)

1954年(昭和29)長野県生まれ。ノンフィクション、旅行作家。 慶應義塾大学卒業後、新聞社勤務を経てフリーに。 『12万円で世界を歩く』(朝日新聞出版)でデビューし、 以後、アジアを主なフィールドにバックパッカースタイルで旅を続け、 次々と著作を発表している。 『週末ちょっとディープな台湾旅』『週末ちょっとディープなタイ旅』(朝日新聞出版) 『東南アジア全鉄道制覇の旅』(双葉文庫)など、著書多数。

広告・パブリシティ

2018/04/25『読売新聞』半五段広告
2018/04/26『朝日新聞』半五段広告
2018/05/02『WORLD 旅のひろば』5月号読者プレゼントコーナー
2018/05/20『読売新聞』半五段広告
2018/05/26『朝日新聞』半五段広告
2018/06/28『旅行読売』7月号読者プレゼントコーナー
2018/07/10『東京中日スポーツ』情報クリップ欄
2018/7/20『速水健朗のクロノス・フライデー』出演

読者さまからの声

若い頃から下川氏の本はずっと読み続けています。(70代・女性)

初心者向けの入門書で軽い気持ちで読めました。 下川さんの本は文章に力が入っていなくて読みやすい。(60代・男性)

デジタルが苦手な私にとって、第7章がとても良かったです。(50代・男性)

同世代の「旅好き人間」として下川氏の本はすぐ読んでいる。”旅を楽にする”というコンセプトに共感しました。(60代・男性)

久しぶりの海外となると、緊張してやはりやめておくかと悩むものですが、本書に書かれた旅を楽しむためのテクニックは旅へ出る決心を後押ししてくれます。(40代・男性)

これまで同氏の作品はほとんど読んできた。いつものんびりと癒しをいただいております。下川ワールド全開で、今回も楽しい本です!(50代・男性)

旅、人さえいればなんとかなる。よく分かる気がする。(60代・男性)

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます