わが天幕焚き火人生<わたしの旅ブックス8>

わが天幕焚き火人生<わたしの旅ブックス8>

椎名誠

【書籍名】わが天幕焚き火人生<わたしの旅ブックス8>

【著者】椎名誠

【シリーズ】わたしの旅ブックス

【判型】B6変型判

【ページ数】272ページ

【定価】1,100円+税

【発売日】2019年3月13日

【ISBN】978-4-86311-216-2

概要

旅ブックスシリーズに、遂に 椎名誠 登場!!

読み応えMAX!!
シーナワールド全開のエッセイ集

東京湾に面する遠浅の海岸。友人二人をひきつれて重いテントをはり、焚き火にあたりながら三人で毛布にくるまって夜を過ごした――著者の初めてのテント体験から今日までの “テント人生”をふりかえる『わが天幕焚き火人生』。表題作のほか、1983年のパタゴニアへの旅のマゼラン海峡航行の様子を描いた紀行文『マゼラン海峡航海記』など、単行本未収録のエッセイを多数収載。
シーナワールド全開の一冊。

*「マゼラン海峡航海記」の写真(著者撮影)を口絵に掲載!
*エッセイをひきたてる挿画は沢野ひとし氏が担当!

目次

I マゼラン海峡航海記
1.チリ海軍の砲艦に乗って 2.吠える海峡を越えて

II わが天幕焚き火人生
1.はじまりは海浜探検隊 2.秘密のブルーシャトー

III「なめんなよ!」とカニさんが言っている
1.泥蟹をほぐしながら 2.それでも地球はまわってる

Ⅳ さしたることもない日々に

巻末付録 交通事故顛末記

著者紹介

椎名誠

1944年東京都生まれ。作家、写真家、映画監督としても活躍。「本の雑誌」初代編集長。 『さらば国分寺書店のオババ』(1979年)でデビュー。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。 小説、随筆、紀行文、写真集など著書多数。近著に『世界の家族 家族の世界』(新日本出版社)、『われは歌えどもやぶれかぶれ(集英社)』など。

関連サイト http://www.shiina-tabi-bungakukan.com/bungakukan/

広告・パブリシティ

19/04/20「JCB THE PREMIUM」6月号 プレゼントページ

19/04/20「アサヒカメラ」5月号 プレゼントページ

19/04/10「ハルメク」5月号 著者インタビュー

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます