フランスから届いたパンのはなし

発売前

フランスから届いたパンのはなし

酒巻洋子(さかまき・ようこ)

【書籍名】フランスから届いたパンのはなし

【著者】酒巻洋子(さかまき・ようこ)

【判型】A5判

【ページ数】130ページ

【定価】本体1,600円+税

【発売日】2020年3月13日

【ISBN】978-4-86311-259-9

概要

すべてのパン好きに贈る
とっておきのパンのはなしと豆知識100!

パンと言えばやはりフランス。長い歴史の中で育まれてきたパンの食べ方、保存法、活用法から、フランスの代表的なパン、日本で言うところの菓子パンなど、広い範囲でフランスのパン文化と驚きの豆知識を写真付きで100ご紹介!

知ればもっとパンが好きになり、今すぐパンが食べたくなる一冊!

著者紹介

酒巻洋子(さかまき・ようこ)

編集ライター/カメラマン。女子美術大学デザイン科卒業後、料理学校、ル・コルドン・ブルーに留学のため渡仏。帰国後、編集プロダクション、料理雑誌の編集部を経てフリーに。2003年、再度渡仏し、現在パリとノルマンディーを行き来する生活を送る。著書に『フランス バゲットのある風景』『パリにゃん』シリーズ、『フランス人とパンと朝ごはん』『フランス人と気の長い夜ごはん』『“結婚”をやめたパリジェンヌたち』(すべて産業編集センター)、『パン屋さんのフランス語』『お菓子屋さんでフランス語』(ともに三修社)など多数。パリのお散歩写真は「いつものパリ(paparis.exblog.jp)」にて公開中。

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます