カフェ・パリにゃん

カフェ・パリにゃん

酒巻 洋子(Yoko SAKAMAKI)

【書籍名】カフェ・パリにゃん

【著者】酒巻 洋子(Yoko SAKAMAKI)

【シリーズ】パリにゃんシリーズ

【判型】A5変型判

【ページ数】180ページ

【定価】本体1,400円+税

【発売日】2017年2月14日

【ISBN】978-4-86311-146-2

概要

大人気シリーズ「パリにゃん」第4弾はカフェの猫!

パリのカフェで自由奔放に暮らす"カフェにゃんたち"の写真集。

パリのカフェにはたくさんの猫がいますが、いつでも会えるというわけではありません。
彼らに出会えるかどうかは、あなたの運次第なのです。

目次

カフェと猫

PARTIE 1 マレ、サン・ルイ島界隈 
歴史的地区で暮らすカフェにゃん(3、4区)

PARTIE 2 リュクサンブール公園界隈 
お洒落地区で暮らすカフェにゃん(5、6、14区)

PARTIE 3 レ・アール界隈 
パリの中心で暮らすカフェにゃん(1、4区)

PARTIE 4 サン・マルタン運河界隈
下町地区で暮らすカフェにゃん(10区)

PARTIE 5 こんな所にもいます
その他の地区で暮らすカフェにゃん(8、9、12、18区)

Column1 なぜパリのカフェに猫が多いのか?
Column2 パリのカフェで猫に出会うには

著者紹介

酒巻 洋子(Yoko SAKAMAKI)

フリー編集ライター 女子美術大学デザイン科卒業後、料理学校、ル・コルドン・ブルーに留学のため渡仏。帰国後、編集プロダクション、料理雑誌の編集部を経てフリーに。2003年、再度渡仏し、現在パリとノルマンディーを行き来する生活を送っている。 パリのお散歩写真は「いつものパリ」、ノルマンディーの日常写真は「ノルマン犬猫日記(normanneko.exblog.jp)」にて公開中。 著書に『フランス人とパンと朝ごはん』、『フランス バゲットのある風景』、『パリのプチホテル』、『パリのエッフェル塔』、『パリ犬』、『パリにゃん』、『パリにゃんⅡ』、『プチ・パリにゃん』(すべて産業編集センター)、『恋するフランス語』(三修社)、『パリうさこ:パリジャン流うさぎのいる暮らし』(誠文堂新光社)など多数。

関連サイト http://paparis.exblog.jp

広告・パブリシティ

17/06/09『四国新聞』プレゼントコーナー
17/05/19『ネコまる』夏秋号 プレゼントコーナー
17/05/12『猫ぐらし』夏号 新刊猫本ページで書籍紹介
17/04/17『週刊トラベルジャーナル』プレゼントコーナー
17/03/20『アサヒカメラ』4月号 プレゼントコーナー

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます