混迷の国ベネズエラ潜入記〈わたしの旅ブックス29〉

混迷の国ベネズエラ潜入記〈わたしの旅ブックス29〉

北澤 豊雄(きたざわ・とよお)

【書籍名】混迷の国ベネズエラ潜入記〈わたしの旅ブックス29〉

【著者】北澤 豊雄(きたざわ・とよお)

【シリーズ】わたしの旅ブックス

【判型】B6変型判(173mm×114mm)

【ページ数】328ページ

【定価】本体1,100円+税

【発売日】2021年3月15日

【ISBN】978-4-86311-287-2

概要

破綻国家と噂される、南米ベネズエラで見たもの…
それは絶望か、それとも希望か。

南米随一の産油国として繁栄していたベネズエラ。しかし、長引く政情不安や経済政策の失敗により、国民は貧困に苦しみ、日常的に犯罪が発生する南米最貧最恐の国になってしまった。

すでに「破綻国家」とも言われているベネズエラの本当の姿を見るために、著者は身の危険に晒されながら三度にわたってこの国に潜入する。果たして、著者は何を目撃するのか。

新進気鋭のノンフィクションライターが挑んだ限界ギリギリの冒険紀行。

目次

●第1章 記者たちと国境へ
●第2章 首都カラカスを歩く
●第3章 三度目のベネズエラ
●第4章 刑務所にいた日本人
●第5章 コロンビアへの脱出
〔付録〕野獣列車を追いかけて

著者紹介

北澤 豊雄(きたざわ・とよお)

1978年長野県生まれ。ノンフィクションライター。帝京大学文学部卒業後、広告制作会社、保険外交員などを経て2007年よりコロンビアを拠点にラテンアメリカ14カ国を取材。「ナンバー」「旅行人」「クーリエ・ジャポン」などに執筆。著書に『ダリエン地峡決死行』(産業編集センター刊)。

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます