インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間<わたしの旅ブックス34>

インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間<わたしの旅ブックス34>

山本高樹(Takaki Yamamoto)

【書籍名】インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間<わたしの旅ブックス34>

【著者】山本高樹(Takaki Yamamoto)

【シリーズ】わたしの旅ブックス

【判型】B6変型判

【ページ数】328ページ

【定価】本体1,300円+税

【発売日】2021年6月15日

【ISBN】978-4-86311-302-2

概要

インド最北部の山岳地帯に残るチベット文化圏、ラダック。チベット本土よりもチベットらしさが残っているこの地に、10年以上にわたって通い続けた著者によるラダック滞在記。「自分はここに来るべくして来た」と著者に言わしめるラダックの魅力とは何か。旅人とは思えないほどラダックに馴染み、非日常が日常になる寸前まで暮し込んだ日々の記録。著者撮影の美しい写真が旅情を刺激する、まさにラダック紀行の決定版と言える一冊。

目次

僕を呼び寄せる何か/いくつもの峠を越えて/変わりゆく王都/もう一つの家族/誇りをまとって/マルカ谷を歩く/ジミの結婚式/洪水と前世の記憶/祈りと輪廻/神からの言伝/セルガルの槌音/ランチョーの学校/花と鬼灯の人々/瑠璃の湖のほとりで/星空の下、王は眠る/ここは彼らの世界/ザンスカールを歩く/幻の道/友達はお調子者/スピティを歩く/永遠の瞑想/スピティからラダックへ/あの頃の僕へ

著者紹介

山本高樹(Takaki Yamamoto)

著述家・編集者・写真家。2007年から約1年半の間、インド北部の山岳地帯、ラダックとザンスカールに長期滞在して取材を敢行。以来、この地域での取材をライフワークとしながら、世界各地を飛び回る日々を送っている。本書のほか、主な著書に『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]』(雷鳥社)、『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]』(地球の歩き方)など。

広告・パブリシティ

21/8/21『山と渓谷』8月号「注目の本」書籍紹介
21/7/14『岳人』8月号「今月の本箱」書籍紹介

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます