吉田松陰と萩 写真紀行

吉田松陰と萩 写真紀行

清永 安雄(Yasuo KIYONAGA)<撮影>

【書籍名】吉田松陰と萩 写真紀行

【著者】清永 安雄(Yasuo KIYONAGA)<撮影>

【シリーズ】ノスタルジック・ジャパン

【判型】A5判・並製本

【ページ数】168ページ

【定価】本体1,600円+税

【発売日】2015年1月19日

【ISBN】978-4-86311-107-3

概要

「維新の父」吉田松陰の足跡をノスタルジックな写真でたどる萩の旅。

江戸時代の風情が色濃く残る歴史の町・萩。本書は萩を6つのエリアに分け、それぞれと吉田松陰との関わりを説明しつつ地区ごとの見どころを紹介。コラムや地図、お土産や食事処も多数収録。萩の旅に携えるのも良し、家で風景や歴史をじっくり楽しむのも良しのまるごと一冊萩の本。維新胎動之地に今も残る美しい日本の風景を、情緒ある写真満載でお届けする写真紀行。

知的好奇心をくすぐるテーマで、美しい日本の原風景を紹介する旅の本シリーズ「ノスタルジック・ジャパン」の第3弾。

目次

第一章 松陰が生まれ育った地「椿東」
第二章 松陰の才能が花開いた町「堀内」
第三章 志士たちの生家が残る「城下町」
第四章 萩藩の教育の中心地「平安古・江向」
第五章 松陰が投獄された野山獄が残る「浜崎」
第六章 志士たちが往来した「萩往還」

ぜひ足を伸ばしたい 萩近郊の港

ほか コラム・地図も多数収録

著者紹介

清永 安雄(Yasuo KIYONAGA)<撮影>

1948年 香川県生まれ 写真家/フォトギャラリー・アルティザン代表 公益社団法人日本写真家協会会員(JPS) 公益社団法人日本写真協会会員(PSJ)

広告・パブリシティ

16/04/29『毎日新聞』朝刊 広告 半五段
16/04/22『朝日新聞』朝刊 広告 半五段
16/04/15『読売新聞』朝刊 広告 半五段
16/01/17『信濃毎日新聞』広告 半五段
16/01/10『読売新聞』広告 半五段
15/04/01『Travel&Life』プレゼントコーナーで紹介
15/03/05『読売新聞』朝刊 半五段 広告
15/02/25『読売新聞』夕刊「よみうりBOOK STREET」で書籍紹介
15/02/20『朝日新聞』朝刊 半五段 広告
15/02/13『コミック乱ツインズ』3月号「瓦版」で書籍紹介
15/01/30『毎日新聞』朝刊 半五段 広告
15/01/30『読売新聞』朝刊 サンヤツ 広告
15/01/25『京都新聞』読書面で書籍紹介
15/01/23『朝日新聞』朝刊 半五段 広告
15/01/20『アサヒカメラ』2月号「読者の広場」プレゼントコーナーで紹介

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます