会いにゆく旅<わたしの旅ブックス19>

会いにゆく旅<わたしの旅ブックス19>

森まゆみ(もり・まゆみ)

【書籍名】会いにゆく旅<わたしの旅ブックス19>

【著者】森まゆみ(もり・まゆみ)

【シリーズ】わたしの旅ブックス

【判型】B6変型判

【ページ数】232ページ

【定価】本体:1,000円+税

【発売日】2020年1月21日

【ISBN】978-4-86311-253-7

概要

大好評『用事のない旅』に続く、森まゆみの傑作旅エッセイ第2弾。

伝説のタウン誌『谷根千』の編集人として活躍し、その後、評伝などを中心に数多くの作品を上梓してきた著者。
これまでの長い作家活動の中で、さまざまな媒体に発表した紀行文の中から選りすぐったものを一冊にまとめた。
町歩き、聞き書きの名手ならではの、いまでも色褪せない紀行文集。
人に出会い、町に出会い、風景に出会い、美味に出会う……
旅がとりもつ不思議な縁を滋味あふれる文章で紡いだ旅の傑作選。全て単行本未収録。

目次

[目次]
●第一章 一生ものを見つける
●第二章 湯の町でのんびり
●第三章 うまいものをさがす
●第四章 古い町をぶらぶらあるく
●第五章 いざ東北へ

著者紹介

森まゆみ(もり・まゆみ)

1954年東京生まれ。作家。早稲田大学政治経済学部卒業。 1984年に友人らと東京で地域雑誌『谷中・根津・千駄木』を創刊、2009年の終刊まで編集人を務めた。 歴史的建造物の保存活動にも取り組み、日本建築学会文化賞、サントリー地域文化賞を受賞。 著書は『鴎外の坂』(芸術選奨文部大臣新人賞)、『「即興詩人」のイタリア』(JTB紀行文学大賞)、 『「青鞜」の冒険』(紫式部文学賞)など多数。

広告・パブリシティ

20/05/20『アサヒカメラ』 6月号 プレゼントコーナー
20/03/18『夕刊フジ』書籍紹介

この本の感想を送る

お名前(必須)

性別

年齢

メールアドレス

コメント(必須)

※感想を広告・販促物等に使用することがございます